ホーム > 業務内容のご案内

業務内容のご案内

行政書士業務内容のご案内

外国人ビザ(在留資格)関連許可

ビザって何?外国人って、日本で自由に働けないの?
結論から言ってしまうと、日本に在留している、外国籍者は日本人のように、求人広告を見ながら自由にアルバイト等を見つけても、そこで確実に勤務出来るという保証はありません。
また、ビザと一概にいっても、日本の入管法では厳密に27種の職種や身分関係に応じたビザカテゴリーを設けており、外国籍者はそのビザカテゴリーのいずれか一つに該当しなければ、日本に在留することが出来ません。

帰化許可申請

近年のグローバル化や高度な経済発展に伴って、長年日本において就労をしたり、会社を経営するなどして、安定した生活を送っている外国人が増えてきております。

→帰化許可申請を詳しく見る

建設業許可

当事務所では、企業様が取得されている許認可(他業種も含む)の期日及び情報について一括管理し、申請及び届出のアラート発信から、手続きの相談・お打合せ、書類作成及び提出までを一括してサポートするサービスも行っております。

→建設業許可を詳しく見る

旅行業登録

旅行業とは、旅行者のために宿泊施設や交通機関の手配などを旅行者に代わって業として行うことを指します。

扱う旅行の規模や海外・国内の取引有無などにより、登録しなければならない種類が異なります。

→旅行業登録を詳しく見る

宅地建物取引業免許

宅建業(宅地建物取引業の略称)免許ってよく聞きますが、不動産を取扱う全てのものに対して必要なの?という疑問があります。

宅建業法で定義されているのは、下記図のような行為を業として行う場合に必要な許可申請を言います。すなわち、不特定多数の人を相手方として、宅地又は建物に関して反復又は継続して売買の媒介等を行う不動産業者などは必須の免許となります。

→宅地建物取引業免許を詳しく見る

古物商許可

古物商許可申請とは、古物営業法第3条に基づき、この営業を行う者は「所在する都道府県ごとに、都道府県公安委員会の許可を受けなければならない」、とされております。

→古物商許可申請を詳しく見る

遺言・相続関係

既に日本も、高齢化社会を迎え、今後自分の資産を次世代により効率的に継承していきたいと考えている方は多くいらっしゃると思います。

→遺言・相続関係を詳しく見る

会計記帳代行 当方では行政書士事務所にて仕訳・記帳業務を代行し、併設している社会保険労務士事務所にて給与計算を代行、提携の税理士事務所にて年末調整(法定調書合計表を含む)及び決算報告書などの税務申告を行い、在留資格の取得から、決算報告に至るまで、トータルにサポートするサービスを行います。

→会計記帳代行を詳しく見る

社労士業務内容のご案内

労務顧問サービス

労務管理・・・と言われても具体的に何を管理して、何をすればいいの?というお声をよく聞きます。
また会社によっては「うちは、家族みたいに仲がいいから、そんなの全く必要ないよ。」とか「労働者に給料を払っているのだから文句はないだろう?」とか「この間雇った社員が本当に使えなかったので3日間でクビにしたよ!」とかよく耳にします。
しかし、本当にそのままでよいのでしょうか??

→労務顧問サービスを詳しく見る

就業規則作成

労務管理の基本として必要なのが“会社のルールブック”ともいうべき就業規則です。
労働者は、就業規則がなくても労働基準法で、最低の労働条件は守られています。しかし、経営者は、就業規則できちんと労働条件や服務規律を定めておかないと会社を守ることは出来ません。
労働基準法では、常時10人以上従業員がいる会社であれば、就業規則を作成し、従業員に周知させることを義務付けています。

→就業規則作成を詳しく見る

各種労働保険・
社会保険手続き

労働保険とは、労災保険(労働者災害補償保険)と雇用保険とを総称した言葉であり、正社員、アルバイト、パートを問わず、労働者を一人でも雇っていれば事業主は加入手続きを行わなければいけないことになっています。

→各種労働保険・社会保険手続きを詳しく見る

新着情報

このページのトップへ